スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーヌ左岸を走ろう

アルマ橋からオルセー美術館にかけて、セーヌ左岸は新しい散歩道になった。
モダンアートのオブジェを眺めながら、サイクリングを楽しんだり、ランニングをしたり。
車の乗り入れのない2.3キロメートル。

パリ市のレンタルサイクル・ヴェリブのステーションも3カ所あり、歩き疲れたら自転車を借りて走ることもできる。
観光客でもクレジットカードさえあれば、その場で登録をして借りることができるので便利。
bergers2.jpg
私たちが行った10月最初の日曜日の午後は、ヴェリブを返すスペースが見つからなくて、2.3キロの道のりを右往左往してしまったが、よく観察していると、ちょっと待っていれば借りて行く人が結構いる。



スポンサーサイト

ヴァンセンヌの森でコンサート

日曜日の昼下がり、お弁当を作って森へ散歩に出かけました。


ヴァンセンヌの森にあるParc Floralの屋外コンサートホールで、パリのオーケストラによるコンサートがあるそうなので
さっそく行ってみることにしました。

vincennes2.jpg

プログラムは、Rossiniの Italienne à Algerをはじめ、Kreisler、Paganini、Bizetの作品。

これまでは、芝生に寝そべって鑑賞していたのですが、今回は座席を確保。迫力のある演奏でした。
コンサートは無料。ベビーカーを押して来た若いカップル、クラッシック愛好家の年配のカップル、車いすのムッシュなど様々な人たちがクラッシックを楽しんでいました。

4歳になった息子も大きな拍手をおくって、感心感心。
演奏中も静かな息子にちらっと目をやると、
なんと、私の携帯電話を取り出して、お気に入りのアプリで遊んでいました。
静かだし、拍手もしているから、まあいいか。
お蔭で、最後までコンサートを楽しむことができました。

chene.jpg 

どんぐりの実が色づき始めている、Chêne。

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。