スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものためのお菓子の家

ノエルが近づくとドイツ人の友人が作ってくれた「お菓子の家」を思い出します。
今年は子どもと一緒に作ってみよう!
日仏両サイトでレシピを探した結果、フランスのフランシュ・コンテ地方在住のBibusさんのレシピに目がとまりました。簡単で、小さめの家。これなら、型紙も簡単に作れそうだし、まだ持続力がない息子も飾り付けを完成できそう。

Bibusさんのレシピ (Maison en pain d’épices pour les enfants 子どもたちのためのパン・デピスの家)

型紙の作り方
正面と後方の壁 8×8cmの四角形と底辺8cm、高さ3cmの三角形を合わせたもの2枚分
横の壁  8×8cmの四角形 2枚分
屋根 6×10cm 2枚分
土台 10×12cm 1枚分

私は、方眼紙のカード(Bloc fiches bristol 10×15cm)を使いました。 

本体部分の材料は、
バター 115g
さとう 125g
たまご 2個
ハチミツ 15cl
小麦粉 650‐700g

重曹、シナモン、粉末のショウガ、塩、粉末クローブを各コーヒー用のスプーン1杯。

これで、小さな家3軒分できました。

作り方
①ボールにバターとさとうを入れて混ぜ、クリーム状になったらたまごとハチミツを加えて混ぜる。
②別のボールに小麦粉と香辛料類を混ぜて、①と混ぜ、冷蔵庫で30分以上休ませる。
③3等分して、4mmの厚さにのばし、型紙通りに切る
④事前に160°で温めておいたオーブンに入れて、12~15分

これで屋根、壁、土台が焼きあがりました。Bibusさんによると、焼き上がりがゆがんでいるところは
熱いうちに修正すると良いそうです。
冷めたら、卵白と粉糖、レモンを混ぜたアイシングをつけながら家を組み立てていき、
スマーティなどのチョコレートで飾って完成!

maison_gateaux1.jpg

飾り付けは子どもにまかせたので、
チョコレートをつまみ食いた痕跡があり、アイシングも流れ出していますが
手作りの「小さなおかしの家」ができました。






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。