スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーヌ左岸を走ろう

アルマ橋からオルセー美術館にかけて、セーヌ左岸は新しい散歩道になった。
モダンアートのオブジェを眺めながら、サイクリングを楽しんだり、ランニングをしたり。
車の乗り入れのない2.3キロメートル。

パリ市のレンタルサイクル・ヴェリブのステーションも3カ所あり、歩き疲れたら自転車を借りて走ることもできる。
観光客でもクレジットカードさえあれば、その場で登録をして借りることができるので便利。
bergers2.jpg
私たちが行った10月最初の日曜日の午後は、ヴェリブを返すスペースが見つからなくて、2.3キロの道のりを右往左往してしまったが、よく観察していると、ちょっと待っていれば借りて行く人が結構いる。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。